外壁塗装のタイミングに関して

その他

外壁塗装のタイミングについてです。。。
自分のお家が外壁塗装のタイミングなのか?というのは、問題ですよね。
一般的な話になりますが、外壁塗装のタイミングは新築時から10年過ぎると、外壁塗装に関して少し考えていくタイミングだと思います。
実際に工事を考えるのはおおむね10年を超えて、13~15年と言った感じが多いようです。
ただ、これは、住宅の建て方や、建っている向きなど色々な条件が関係してくると思います。
ですので、チェックして欲しいのは、塗装されている部分を手で触ってみて、手に白い粉が付着するというのが第一の塗装のタイミングだと思います。
専門的には、この白い粉な付着する状態をチョーキングしている状態と言います。
ようするに、塗料が雨、風、紫外線によって風化した状態という事です。
この風化した状態のまま、長期間放置し続けると、塗膜が完全に劣化してしまい、モルタルの壁の場合は、撥水効果も少なくなるので、壁に雨がしみ込みやすい状態になっているという事です。
モルタル壁に関しては、水が浸透しないのでは?と思われている方も多いかもしれませんが、実際は、浸透しているので、表面を塗料で保護する必要があります。
また、あまりに劣化した状態のままにしていると、クラックと言われるひび割れが多くなり、ますます雨水が浸透してしまう状態になります。

モルタルの外壁の場合は、上記のような感じなので、外壁塗装は必要と考えてもらぅて問題ありません。

今は、モルタルの外壁ではなく、サイディングと言われる部材の外壁の住宅が増えてきています。 それは、工期を短縮できるという事があると思います。 モルタルの外壁よりも、工期はあきらかに短縮できるからです。。

このサイディングの外壁に関しては、一番 劣化しやすいと考えて良いのがサイディング同士のつなぎ目部分のシーリングです。
シーリングと言われる目地部分は、コーキング材を充填しているのですが、今では10年以上もしっかりと最初の状態を維持できるコーキング材が開発されて販売されているのですが、通常のコーキング材の場合、5~6年で劣化してしまいます。
コーキングが劣化すると、サイディングの目地部分に隙間ができてしまい、雨水の侵入の原因になってしまいます。
また、コーキングの劣化を長期間 放置し続けていると、サイディングの端部分から、サイディング自体が劣化してしまいます。
窯業系のサイディング材は、表面を塗装で保護されていますが、切口に関しては、塗装されていない状態になります。 実は、この塗装されていない部分は他の部分と比べると非常に弱いんです。
サイディングの切り口から雨水が浸入してしまうと、コーキングの打替えだけでなく、サイディング自身の取替も必要になってきます。

ですので、外壁塗装を行わずに、タイミングを逃してしまって長期間が経つよ、塗装工事だけではすまなくなり、工事費も高額になりかねないという事になります。。

外壁塗装 神戸市北区